6月14日──橋本徹の2018上半期ベスト

Toru II Toru通信(2018年6月17日)より
橋本徹(SUBURBIA)が選ぶ2018年上半期ベスト・アルバム50枚
Selection by Toru Hashimoto (SUBURBIA)

(01)J. Lamotta Suzume『Conscious Tree』
(02)Jamie Isaac『(04:30) Idler』
(03)Tom Gallo『Tell Me The Ghost』
(04)Bruno Major『A Song For Every Moon』
(05)Michael Seyer『Bad Bonez』
(06)Tom Misch『Geography』
(07)Reggie Snow『Dear Annie』
(08)Rhye『Blood』
(09)Saba『Care For Me』
(10)Ady Suleiman『Memories』
(11)Janelle Monae『Dirty Computer』
(12)Chloe x Halle『The Kids Are Alright』
(13)Jorja Smith『Lost & Found』
(14)Emma Frank『Ocean Av』
(15)Thandi Ntuli『Exiled』
(16)Meshell Ndegeocello『Ventriloquism』
(17)August Greene『August Greene』
(18)Azekel『Youth (Chapter 3)』
(19)Mo Kolours『Inner Symbols』
(20)James 'Creole' Thomas『Omas Sextet』
(21)A$AP Rocky『Testing』
(22)Kiefer『Happysad』
(23)Biig Piig『Big Fan Of The Sesh Vol.1』
(24)Mr. Fingers『Cerebral Hemispheres』
(25)DJ Koze『Knock Knock』
(26)J. Cole『KOD』
(27)serpentwithfeet『soil』
(28)Henry Green『Shift』
(29)Triathalon『Online』
(30)Hovvdy『Cranberry』
(31)Patrick Paige II『Letters Of Irrelevance』
(32)Benjamin Jephta『The Evolution Of An Undefined』
(33)Nakhane『You Will Not Die』
(34)Renata Zeiguer『Old Ghost』
(35)Dos Caminos『En Casa』
(36)Kali Uchis『Isolation』
(37)Burna Boy『Outside』
(38)Toto Bona Lokua『Bondeko』
(39)Nubya Garcia『When We Are』
(40)Silva『Brasileiro』
(41)Baloji『137 Avenue Kaniama』
(42)Bokani Dyer Trio『Neo Native』
(43)Edward Simon『Sorrows And Triumphs』
(44)Sly & Robbie meet Nils Petter Molvær『Nordub』
(45)Joe Armon-Jones『Starting Today』
(46)Sons Of Kemet『Your Queen Is A Reptile』
(47)Kip Hanrahan『Crescent Moon Waning』
(48)Judit Neddermann『Nua』
(49)Clara Presta - Fede Seimandi『Casa』
(50)Daniel Santiago & Pedro Martins『Simbiose』

 

よく聴いたな、という印象のあるアルバム(を優先させたが一部EPも)を50作選んだ。
順位は吟味する時間がなく、適当にというか何となく決めたというのが正直なところ。
本来なら日本盤リリースが実現したLuedji Lunaの『Um Corpo No Mundo』をNo.1としたいが、昨年末ぎりぎりに間に合った輸入盤を2017年のベスト3に選出していたので対象外とした(その時点でCDが出ていなかったJ. Lamotta SuzumeやBruno Majorはエントリー)。
内容についての詳しいコメント(「Voice of “usen for Cafe Apres-midi” Crew」を読んでいただくのがいちばんいいかもしれないが)と曲単位でよく聴いていたもののリストは、今月中にアプレミディのウェブサイトに改めて掲載するつもりだが(50選も多少入れかえるだろう)、今回セレクトした50枚を見渡すとやはり、サウス・ロンドンそしてサウス・アフリカがキーワードだったのかなと思う。
DJプレイしていた12インチ/7インチ・シングルについては、また別の機会に。

- - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>