12月20日&1月2日──橋本徹の2015ベスト・アルバム&ベスト・トラック

Toru II Toru通信(2015年12月19日)
橋本徹 (SUBURBIA) が選ぶ2015年ベスト・アルバム20枚
Selection & Text by Toru Hashimoto (SUBURBIA)

(1)Donnie Trumpet & The Social Experiment『Surf』
(2)Kendrick Lamar『To Pimp A Butterfly』
(3)Kamasi Washington『The Epic』
(4)The Internet『Ego Death』
(5)Erykah Badu『But You Caint Use My Phone』
(6)Hiatus Kaiyote『Choose Your Weapon』
(7)Phony PPL『Yesterday's Tomorrow』
(8)Dego『The More Things Stay The Same』
(9)Chassol『Big Sun』
(10)Vilod『Safe In Harbour』
(11)Pete Josef『Colour』
(12)Tropics『Rapture』
(13)Gaussian Curve『Clouds』
(14)Quartetto Fantastico『Music For Dreams』
(15)Jonny Faith『Sundial』
(16)Ze Manoel『Cancao e Silencio』
(17)Jose Gonzalez『Vestiges & Claws』
(18)Lizz Wright『Freedom & Surrender』
(19)Mocky『Key Change』(Deluxe Edition)
(20)The Game『The Documentary 2』

・アルバム単位で選んだ2015年のベスト・セレクション。ディアンジェロは昨年すでに選出、年始にアプレミディ・レコーズから日本盤が出たチガナ・サンタナは2014年作とした。

・選曲の仕事をしていることもあり、今年もCDとレコードを900枚くらいずつ買ったが、時代遅れの僕でさえ遂に、配信オンリーの音源をスルーできなくなったな、と感じたのが2015年の大きなトピック。その象徴が、いちばん聴いたかもしれないドニー・トランペット&ザ・ソーシャル・エクスペリメント『Surf』。冒頭から素晴らしいが、「Rememory」のエリカ・バドゥの歌から大名曲「Sunday Candy」に流れる瞬間、何度聴いても甘酸っぱく胸が疼く。ドレイク/ティミー・トーマスやトッド・ラングレン/アイズレー・ブラザーズのリワークも最高だったエリカの最新ミクステ『But You Caint Use My Phone』の、ニュー・エディション「Mr. Telephone Man」しっとりカヴァーにも溶けた。ダウンロード・アルバムでは他に、カマシ・ワシントン/デクスター・ストーリー/カルロス・ニーニョ活躍のギャビー・ヘルナンデスなども愛聴した。

・2015年を代表する一枚を問われたら、やはりケンドリック・ラマー『To Pimp A Butterfly』に尽きるだろう。現行ジャズの充実を伝える意味でも、カマシ・ワシントン『The Epic』と双璧(ちなみにカマシの「The Rhythm Changes」は、今年カフェ・アプレミディで最も多くのDJがプレイした曲だ)。そしてもうひとつ、対になる重要作として、ケンドリックもエリカ・バドゥ「On & On」に乗せてラップしている、同じコンプトンのThe Game『The Documentary 2』も推薦したい。90sオマージュの一大絵巻で、ボビー・ハッチャーソン「Montara」×バーケイズ「Sang And Dance」にトラックが変わってQ・ティップが入ってくるところで、わかっていてもグッときてしまう。やはり90年代復興を強く感じずにはいられなかったジョーイ・バッドアスもよく聴いたが、話題作の絶えなかったヒップホップの真打ちと言っていいだろう。

・上半期のときと同じように15枚くらいまではすんなりと選ぶことができた。ライヴにも感激したハイエイタス・カイヨーテとシャソル、それにThe Internet/フォニー・ピープルはその際にもとりわけ強く推した。トロピックス/ガウシアン・カーヴ/カルテット・ファンタスティコ/ジョニー・フェイスなども。ディーゴはアナログ12インチでも活況を呈した2000Black〜Sound Signature〜Egloを結ぶシーンを代表して。タイトル・トラックをよくスピンしたVilodは、アフロ・ビート(トニー・アレン)×ミニマル・ダブ(リカルド・ヴィラロボス)だったモーリッツ・フォン・オズワルド・トリオの分も含めて。ピート・ジョセフはジャザノヴァ主宰Sonar Kollektivから届けられたジャズ×ソウル×メロウな新名盤。あとはブラジルからゼ・マノエウ、アルバムが発表されるたびに選んでしまうホセ・ゴンザレス、とてもしなやかな気持ちにさせてくれたコンサートの思い出と共に(「愛は面影の中に」に感動)ニック・ドレイク「River Man」もカヴァーしていたリズ・ライト、「Sweet Things」「Head In The Clouds」「Whistlin」が好きだったモッキーをすべり込ませた。

・「usen for Cafe Apres-midi」のための2015ベスト・セレクション選曲表を見ながら、候補としてリストアップした、惜しくも選にもれたアーティストたちを順不同で列挙するなら、タイヨンダイ・ブラクストン/ジェイミー・xx/ダークスター/コリーン/ショーン・ニコラス・サヴェイジ/ルーカス・アルーダ/フローティング・ポインツ/ラパラックス/プレフューズ・73/グランドブラザーズ/HNNY/サンジェルマン/ブッゲ&フレンズ/カサンドラ・ウィルソン/メロディー・ガルドー/ルシアーナ・ソウザ/ダイメ・アロセナ/ローレン・デスバーグ/アラン・ハンプトン/ヴェティヴァー/ウィリアム・フィッツシモンズ/スフィアン・スティーヴンス/ベイルート/クァンティック/ベンジャミン・クレメンタイン/マヌ・デラーゴ/Monoswezi/へオルヒナ・アッサン/マリアナ・ブランチ/ギンガ/アントニオ・ザンブージョ/スラム・ヴィレッジ/メッド・ブルー&マッドリブ/ヴィンス・ステイプルズ/ドレイク/ビラル/アンダーソン・パークといった面々。ミニ・アルバム扱いながらDJ Paypalも外せない。ジャズではヴィジェイ・アイヤー/クリスチャン・スコット/ケンドリック・スコット・オラクルなど。過去作ほどではないが、ロバート・グラスパー・トリオとホセ・ジェイムスも思いのほか聴くことが多かった。日本では林正樹と近藤等則も。

・楽曲単位では、Uyama Hiroto「End Of The Road」(フラヴィオ・ヴェントゥリーニへのオマージュ)/デクスター・ストーリー「Eastern Prayer」(アンソニー・ヴァラデスが監督したMVもいい感じ)/ジャネット・ジャクソン「Broken Hearts Heal」(まさしく”2010s Urban”)が特に好きだった。Le’jitのロイ・アンソニーによるデニース・ウィリアムスのカヴァー「Cause You Love Me」も愛唱歌。ベニー・シングス×ceroの「Meet Me Outside」や、NWGGでのグレッチェン・パーラトとベッカ・スティーヴンスの歌も印象に残っている。企画盤ではロバート・グラスパーらが尽力したニーナ・シモンに捧ぐ『Nina Revisited』と、バンジャマン・ビオレーによるシャルル・トレネ作品集。ヴィニシウス・カントゥアリアもアントニオ・カルロス・ジョビン集を吹き込んでいた。近年作をまとめたミゲル・アトウッド・ファーガソンやアンドラス・フォックス、ニコラス・ケルゴヴィッチやTwin Dangerも聴き逃せない。

・リイシューでは、トゥ・ロココ・ロット/ビョーク/Nujabesなどのサンプル・ソースとしても人気の「Clouds」を『Good Mellows』コンピに収録したイタリアの名アンビエント・プロデューサー、ジジ・マシンの幻だったファースト・アルバム『Wind』(名曲「Tears Of Clown」に涙)。そして、沁みる歌声とエレピ&ヴァイブのミラクルな音色に魅了されるジャズ×フォーク×ボサ×ソウルの秘宝、ドン・マッキャスリン率いるコンボWarmthのベスト盤 (グラミー・ノミネイトされた息子のジャズ・サックス奏者、ダニー・マッキャスリンの最新作に入っている「Love And Living」も好き)。どちらもアナログ復刻というのも最近の流れを象徴しているが(Cantoma/Napoleon Cherry/Letta Mbuluなどもそうだ)、ぜひアプレミディ・レコーズやサバービア・レコーズでCDも出せたらと思う。

・僕自身が作ったコンピレイションの数は、Free Soul 20周年だった2014年の32枚に比べ半減したが(その代わりオリジナル・アルバムのリイシュー監修が190枚あった)、今年は“Good Mellows”シリーズを立ち上げ、日本のみならず海外でも好評を博したことが嬉しかった。『Good Mellows For Seaside Weekend』『Good Mellows For Sunset Feeling』『Good Mellows For Moonlight Rendezvous』の3枚は、まさに2015年の自分が詰まった至福のメロウ・チルアウト・コンピ。去年成功した“2010s Urban”シリーズもそうだが、現在進行形で聴き親しみ、DJプレイもしている音楽が仕事にもなるのは幸せなことだ(そういう意味で『Free Soul 21st Century Standard』『Free Soul〜2010s Urban-Jazz』の2作も2015年の僕にとって重要)。今年もたくさん買ったアナログ12インチについては、また別の機会に紹介しようと思うが、とりわけヘヴィー・プレイした“ローファイ・ミスター・フィンガーズ”とでも言うべきテイスト(アンドラス・フォックスの作風やMood Hut/12Recordsといったレーベルに顕著な、アンビエントでディープ&ジャジーな、ラリー・ハードへの憧憬を感じさせるハンドメイド・タッチのビートダウン・サウンドで、PVも最高に素敵なDeep88「Harmony」あたりはその代表)が、2016年にはコンピCDという形でも実を結べばいいなと希っている。もちろん“Good Mellows”などの新作にも、ご期待ください!


1/2追記

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
2015年の大晦日に、オーデイオのまわりに散らかり放題だったレコードを片づけながら、昨年アナログでよくDJプレイしたトラックのベスト100をリストアップしてみました。正確に言えば、DJプレイしようと思ってよくレコード・バッグに入れていた12インチ/10インチ/7インチ/ミニ・アルバム、という感じのマイ・フェイヴァリット選。LPからかけていた曲も少しありますが、「Toru II Toru」フリーペーパーのベスト・アルバム20枚の原稿とは重複を避けて選びました。
言ってみれば“New Directions Of All Around Club Music”というところですが、ラウンジ的な空間でDJすることの多い僕らしさが反映されたセレクションになっていると思います。やはり“Good Mellows”的と言うか、どこかメロウ・チルアウト〜リスニング寄りの心地よいトラックが多いですね。いちばんスピンしたのは、『Good Mellows For Moonlight Rendezvous』にも収録した、2014年末にリリースされ2015年にDJ Kozeによる“Kosi Edit”が出たPortable「Surrender」かな。
いずれにせよ、ここに挙げた100曲は聴いて間違いなし、と自信をもって推薦します。僕自身の備忘録ですが、何かの役に立てば。
それでは、2016年も素晴らしい音楽とたくさん出会えますように(と書きながら聴いている、年末ラストに買ったKyle Hall『From Joy』が早くも素晴らしいです!)。

橋本徹(SUBURBIA)が選ぶ2015年ベスト・トラック100曲(アナログ編)
Selection by Toru Hashimoto (SUBURBIA)

Andras & Oscar / Looking Back (Tornado Wallace Dub)
Arthur Russell / Hop On Down To Petland (Massimiliano Pagliara Rework)
Ashley Beedle / Doctor Feelgood
A Vision Of Panorama / Two Birds
Bianca Chandon Pres. & Co.  / Best Of Friends
B. J. Smith / Hold On To It (Jonny Nash Remix)
Bolla feat. Bonga / Wandolo (Freaky Dub) (Extended Version)
Bugge & Friends / Breed It
Cecil feat. Solas B Lalgee / Holding Space (Original Mix)
Chaos In The CBD / Trust Is Key
Cobblestone Jazz / Drawn From The Side Of Crime
Contours / Blossom Towers
Craig Paradise Cooper / Obscure Funk II
Damien Zala / All My Respect
Das Komplex / Like A Fish
Dave Allison / Twilight Groove
Deep88 / Harmony
Dego & Kaidi Tatham / Adam Rock Dissed!!
Diplomats Of Soul feat. Incognito & Vanessa Haynes / Sweet Power Your Embrace
DJ Aakmael / Roses
DJ Koze / XTC
Dream Chimney / Feather Bed For Hatchback
Dream Lovers / Brasil (Abels Gavea Mix)
Ebo Taylor & Pat Thomas / Ene Nyame 'A' Mensuro (Henrik Schwarz Blend)
Eddie C / The Day Will Come
Edward / Birds
Eleventeen Eston / Indian Blue
Erykah Badu / Honey (FloFilz & Pawcut Remix)
Far Out Monster Disco Orchestra feat. Arthur Verocai / Disco Supreme (Al Kent Edit)
Fit Siegel / Carmine
Four Tet / Morning Side
Francis Inferno Orchestra / Harmony
Funkadelic / Ain't That Funkin' Kind Of Hard On You? (Vega's Trumpet Dub)
Ge-Ology feat. Mark De Clive-Lowe / Escape On The Lodge Freeway
Georgio Luceri / Love Is A Storm (Jenifa Mayanja Remix)
Glenn Astro & Max Graef / Cool Garageband (Intro)
Gorje Hewek & Izhevski / Calinerie
Henry Wu / Don't Want The Regular
HNNY / Cheer Up, My Brother
Imyrmind / Bright Moments
Ishmael / Time & Time Again
Jack J / Thirstin'
Jamie xx / Loud Places (John Talabot Without Me Dub)
Jonny Nash / Phantom Actors
Jose Padilla / Oceans Of The Moon (Wolf Muller Donkey Kong Beach Dub)
Junktion / The Great Unknown
K15 / Love's Gambit
Kai Alce / Black Rhapsody
Karizma / Nuffin Else (Nellie's Annointed Dub)
Kelela / Rewind
Lay-Far / He Enters The Room
Len Leise / Route To Reutov
Lexx / All That Is Now
Lodger / Herbie's Jam
Louie Vega starring Monique Bingham / Elevator (Going Up) (Louie Vega Remix)
Loz Goddard / 4000B's
L.U.C.A. / Niagara (Polysick Version)
Luvless / Sometimes (Original Mix)
Maalem Mahmoud Guinia & Floating Points / Mimoun Marhaba
Mannmademusic / Rethink
Marcos Valle / 1985 (Theo Parrish Remix)
Mark Barrott / Right 4 Me
Mo Kolours / How I
Moomin / Aquarama
Mutual Attraction / Lost Tape
Napoleon Cherry / When You Had The Chance
Nasty Boy / Lonely
Nebraska / Little Chan
Nick Mackrory / Elle Dit
Nicole Willis & Jimi Tenor feat. Tony Allen / All For You
Obas Nenor / My Way Home
Osunlade feat. Han Litz / What Pho
Paraiso / Teu Sorriso (56 Mix)
Pender Street Steppers / The Glass City
Portable feat. Lcio / Surrender (Kosi Edit)
Private Agenda / Deja Vu
Project Pablo / Follow It Up (Dandana Mix)
Renato P / Havin' Fun Again
Retiree / Gundagai
Sadar Bahar / Tik Tok
Shannon Harris / Into The Light (Lucid Dream Mix)
Shoes / Gone Baby
Simon Peter / Arc Of Lark
Sombrero Galaxy / The Edge Of Space
Soulphiction / Edit 2 (Jon Lucien / Rashida)
Soundspecies / Balafon Jam (Wolf Muller Deep Dub Remix)
Sound Stream / Bass Affairs
Steve Cobby & Trudie Dawn Smith / We Start Over
St Germain / Family Tree
Suzanne Kraft / Flatiron
Tapes / Somebodies Baby
Tatham, Mensah, Lord & Ranks / Off The Christmas Card List
The 2 Bears / Mary Mary (Seahawks Deep Love For All Mankind Remix)
The Unit / Ain't No Need (The Unit Version)
Tim Love Lee / Trip Triangular
Tony Allen / African Man (Ricardo Villalobos & Max Loderbauer Remix)
Vangelis Katsoulis / The Slipping Beauty (Telephones Rework)
Vince Watson / Eminescence
Wayne Snow / Rosie
Youandewan / 93

- - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>